#000:CASIOポケコン

皆さん、初めて使ったパソコンは何だったか覚えてますか?
久々にラボをあさっていると、僕の人生を変えてしまった品が出てきた。


(はじめてのマイコン「PB-300」)

今から33年前の中学1年生・2学期の期末試験直前のこと。

今は亡き父が言った。
「お前、英語の素質ないんだから、カンニングしろよ。
パパがいい方法を教えてやるからバレるなよ。
覚悟があるなら、買ってやるぜ。
パパはカンニングしたおかげで、セントジョセフを成績優秀で卒業できて、
中国人なのにパンナムで異例の出世ができたんだぞ。
今からカンニングをマスターしないと、大人になってから苦労するぞ」

まぁ、世渡り上手な父を見ると、これは実話だな。
しかも、欲しいのは本当はお前だろ、オモロイ言い訳しやがる。

父に連れられ、生まれて初めてアキバに行った。
コンピュータってモノを初めて見た。
電気街という世界があることを知った。
すべてがカルチャーショックだった。
メイドとコスプレイヤーはいなかった。

結局、カンニングには使わず、試験勉強などそっちのけとなり、ゲーム・プログラミングに没頭したこは言うまでもない。
しかも、その先もずっと…

では本題!これが人生初のコンピュータ PB-300
超ベストセラーPB-100の上位機種

  • 見た目は電卓
  • 画面の文字が12桁、グラフィック機能は無し
  • 20桁の気持ち程度のプリンタが内蔵!
  • フロッピーは無し、カセットテープにプログラムを記録する

カンニングではポケットや机に忍ばせようとしたことからも分かる通り、とても小さく、当時はポケット・コンピュータ(略して「ポケコン」)と呼ばれていました。
当時のポケコン界ではシャープとカシオの2強でした。
NEC(PC-2001/PC-8201),ナショナル(JR-800),東芝(PASOPIA mini),キャノン(X-07),エプソン(HC-xx)など、他社もポケコンやハンドヘルド機を出してましたが、まったく振るわず…でも今では、かえってレアなので高値で取引されてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA