#001:CASIOポケコン「初期状況と目標」

これからCASIOポケコンと向き合うために、最初の状況を記しておきます。

1.本体

  • PB-300  RAM:1568step(標準内蔵)

    数年前まで動いていましたが、画面に液晶漏れらしきものが見えます。
    電池切れで本体起動は未確認。
    本体にCR2032タイプの電池が2個が必要。
    内蔵プリンタのバッテリが液漏れしており不動。
  • PB-410  RAM:2KByte(RAMカード)
     
    数年前まで動いていました。
    液晶画面はきれいに見えます。
    電池切れで起動は未確認。
    本体にCR2032タイプの電池2個が必要。
    RAMカードにCR2016タイプの電池1個が必要。
    RAMカードが2KByteだけ、4~8KByteが欲しいところ。

2.周辺機器

  • FA-3(カセットインターフェイス)

    数年前まで動いていました。
    単三電池2個が必要。
    これはそんなに簡単には壊れないでしょう。
  • FP-12S(熱転写ロール紙プリンタ)

    数年前まで動いていました。
    ACアダプタが見当たらないので、定格4.8V-4Wの電源を用意しないといけない。
    内蔵バッテリーが死んでいる可能性が高いです。
    ロール紙の入手が可能かは不明。
  • データ・レコーダ

    MSX用もの、ほかの環境でちゃんと動いてます。

3.記憶媒体

  • カセットテープに記録
    新品の10分用を大量に買い置きしてあります。

4.エミュレータ

Pocket BASIC Simulator
固有キャラクタの入力は、代替文字で置換するよう。
肝心のカセットテープでのやり取りができないため、利用は見送りです。

5.書籍/資料

BASICの習得はマニュアルで十分事足りると思います。
昔、マニュアルとプログラム集だけでマスターした記憶があるので…
パソコンおもしろゲームは定番書籍でNo4まであるので、是非ともN03,4が欲しいところだが、超レアでネット出品は奇跡に近いです。
ベーマガDELUXはたまに出るけど、高値でなかなか競り落とせないです。

・マニュアル:活用ハンドブック(PB-410用)
・プログラム集:パソコンおもしろゲーム1
・プログラム集:パソコンおもしろゲーム2
・プログラム集:ベーマガDELUX Ⅰ/Ⅱ/Ⅳ/Ⅴ

6.ネット情報

  • wiki
  • PB-100の宇宙:自作ソフトをソースリスト付きで多数公開しています。
  • Youtube1:TVコマーシャルの動画(PB-100/300)
  • Youtube2:BASICの解説

【今後の目標】

  1. 普通に使える状態にする。
    キー入力、液晶画面表示、プリンタ出力、プログラムのカセット・テープへのSAVE/LOADなど、プログラミングに耐えられるようにします。PB-300のバッテリを修理し、内蔵プリンタをりよ出来るようにします。
  2. プログラムをデジタル保存できる環境を整える。
    Windows PC や ICレコーダへ、プログラムを格納できるようにします。FA-3を通し、データレコーダの代わりにデジタル音声で記録します。入手できる限りのプログラムを入力し、デジタル音声で記録します。
  3. ハード/書籍を充実する。
    他の機種や書籍を継続して入手します。
  4. オリジナルのゲームを作る。
    大容量RAMカード、または大容量RAM搭載機(PB-120,8KByte)を入手し、PBでは普通は作らないだろうと思われるような大作ゲームを作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA